ジルコニア

ジルコニアzirconia

ジルコニアについて

特徴 「ジルコニア(二酸化ジルコニウム)」とは人工石のことで、高圧・高温で合成してつくられます。生体親和性や耐久性に優れているだけでなく、高い審美性にも特長があると言えます。高い硬度と美しい見た目からダイヤモンドに近い石と言わています。反射光によって輝きが増したり、太陽光の屈折等でさまざまな色に変化します。
歯科分野だけでなく、このジルコニアはそれ以外の分野にも広く使用されています。例えば、ジュエリーの分野ではダイヤモンドの代用品として、一つの地位を確立しています。また、医療分野では人工関節等に使用されており、その安全性が実証されています。さらには、スペースシャトルの断熱材やF1レーシングカーのブレーキなどにも使用されている事からも、その有用性が証明されているのです。

歯科の分野とジルコニア

特に歯科分野において、ジルコニアはその特長が発揮されます。腐食に強いためアレルギーの原因にもならず、安心して口腔内に入れることができます。さらに審美性にも優れた素材ですので、天然歯と見分けのつかない仕上がりにすることが可能です。強度が高いことから、従来のセラミック素材のような破損の心配からも解消されます。

ジルコニアの特徴

安全性:生体親和性が高いため、金属アレルギーの心配がなく、身体にやさしい歯科素材です。

審美性:光の透過性に優れているため、透明感のある歯を実現することができます。金属を使用しないので、金属イオンの溶出による歯や歯ぐきの黒ずみの心配もありません。

強度:金属を使用していないにもかかわらず金属と同程度の強度があり、耐久性にも優れています。